国が定める2020年のスタンダードな住まい

◆ゼロエネルギー住宅(ZEHゼッチ)とは?

地球温暖化が世界的な課題となっており、日本でも住宅の省エネルギー化はCO2削減への重要課題のひとつです。

そこで、これまでの省エネに加え「創エネ」を導入した自宅で消費するエネルギーを自宅でまかなうゼロエネルギー住宅(ZEHゼッチ)の暮らしが主流となります。

政府は2020年までに標準的な新築住宅でのZEH化実現を目指しています。

 

◆一般的な住宅とゼロエネルギー住宅(ZEHゼッチ)との違い

 

◆ゼロエネルギー住宅(ZEHゼッチ)のメリット
家計に優しい

●省エネ設備機器 ●高断熱住宅性能 ●太陽光発電 により光熱費が0以下。

さらに余剰電力の売電で+αの収入が期待できます!!

 

将来の資産価値

築年数で住宅の資産価値が決まる現在の評価の仕組みを、性能の高さが反映される査定方法に見直す意向です。

 

補助金が交付される

新たに家を建てる多くの方がZEH仕様を導入しやすいよう、国が補助金を交付し、普及を推進しています。

2019年度補助金額 70万円

 

快適な暮らし

高断熱性能の住宅だから外気の影響を受けにくく、空調も効率良く効きます。1年を通して快適な暮らしが実現します。

 

 


 各種資料を無料にてお届けします。

 

資料請求はこちら

 

ページトップへ